埼玉の看護学校で学んだことと得られた成果

看護師として大学病院に勤務をして、15年目になります

看護師として大学病院に勤務をして、15年目になります埼玉の看護学校で学んだことと得られた成果、近況について現在は一人前の医療従事者という誇りを胸に抱きながら仕事をしています

看護師として大学病院に勤務をして、15年目になります。
私がなぜ医療従事者を目指したのかというと、祖母が長らく乳がんを患って天国へと召されたからです。
まだ私が中学1年生だったころに祖母の身体に乳がんがあることが分かりました。
赤ちゃんの頃からずっと一緒に暮らしてきた大好きなおばあちゃんがなぜ、がんに侵されてしまったのかと悲しくなり、毎日気持ちが沈んでいました。
最初は元気に暮らしていたものの、5年後にはステージ4の末期となりずっと在宅治療を続けてたものです。
私も学校が終わったらすぐに母親と一緒に看病をしていましたが、そのまま祖母は息を引き取るに至ったわけです。
こんな悲しい思いは二度としたくないと思い、高校を卒業すると看護学校に進学することにしました。

埼玉の看護学校 / 熊谷市医師会看護専門学校